2016/05/18

痰壺を育てるのが趣味の桃原茜さん


痰壺は若い年代の方は見たことがないはずです。
それもそのはず、1990年くらいに駅構内にあった痰壺はなくなってしまったとのことです。

それでもなんとなくイメージ出来るのは不思議です。

痰壺飼いに登場する桃原茜さんも知らないでしょう。
目の前にいるM男の事を痰壺だと思っているのかもしれません。

関連記事